青汁の名前の由来と注意事項

青汁の名前の由来と注意事項

青汁とは、ケールなどの緑葉野菜を絞ってできたものを言います。 青汁は健康食品の1つで、多くは粉末の状態で販売されています。 実際に粉末を溶かすと、青色ではなく緑色です。 名前とは違って緑色で青汁といわれるの理由には、日本では野菜のことを青菜と呼ぶ名残がまだ残っているからだといわれていますが、そもそも信号しかり、青と緑は混同されがちですので、深く考える必要はないでしょう。

青汁は、健康食品と言われていますが、その味のまずさには誰もが納得します。 しかし、最近では品質の向上や飲みやすさを重視して改良されてきました。 昔はテレビ番組での罰ゲームとして利用されていましたが、最近ではあまりインパクトがないほど飲みやすくなっている為に、罰ゲームの飲み物になり得なくなってきました。

健康的な生活を送る為には効果的といわれている青汁ですが、カリウムやリンなどがたくさん含まれているので、透析を行っている人には向いていません。 逆に透析を行っている人が摂取することによって、不健康になってしまうので注意する必要があります。 他にも、循環器系の治療をしている人の場合は薬の効力が弱くなってしまうので合わせて注意をする必要があります。

このように、健康食品でありながらも適していない人もいるので青汁を摂取する場合にはきちんと注意事項を確認してから飲むようにしてください。

続きを読む(青汁は継続が必要)

 

[注目] 青汁を買って飲んでみたい方はこちらの比較・ランキングサイトへどうぞ・・・青汁 比較